BTC価格は市場の誇大広告の影響で高止まりし、価格の動きが不安定になる可能性がある

Harry Smith

データによると、10月の米国消費者物価指数(CPI)は昨年同月比で6.2%上昇し、予想を大幅に上回ったというデータが発表され、高インフレに対する市場の懸念を引き起こした。 米国だけでなく世界中の消費者が2021年のインフレ率の急上昇に危険だと感じており、FRBに緩い金融政策の終了と金利の引き上げを求める声が高まっています。ジョー・バイデン米大統領は、10月の消費者物価指数データの発表後、それを抑制するための手段を講じると述べており、これがFRBの利上げスケジュールにある程度の影響を与える可能性があります。米国の株価指数先物は下落し、米国の主要な3つの株価指数は下げて終了しました。CPIデータの発表を受けて、ビットコインの価格は4.7%上昇しました。

戦略分析

10月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比6.2%増、コアCPIも同4.6%増となり、いずれも予想を上回りました。10月のCPI発表後、ジョー・バイデン大統領は声明の中で、「インフレはアメリカ人の懐を痛めるものであり、この傾向を逆転させることは私の最優先事項である」と述べました。市場では、米国におけるハイパーインフレの進行が予想され、それが金利引き上げにつながる可能性があります。その結果、BTCは主流の金融市場に参入した後、米国のCPIや米国株の影響を受けることが多くなり、一晩で大幅な引き下げを経験しました。

一方、ジンバブエ政府は、ビットコインを法定通貨として採用する計画はないとの噂を公式に否定したため、市場の思惑はある程度弱まりました。オンチェーン・データによると、市場のセンチメントは大きく後退しており、マイナーの間で大きな売り圧力がかかっています。また、機関投資家も売りに転じています。空売りの勢いが強くなると、BTC価格は高止まりして不安定になる傾向があります。投資家の注目度で言えば、レイヤー2とメタバースのコンセプトは、依然として投資対象として最も人気のあるセグメントの一つです。

マーケット分析

BTC:先週、BTC価格は史上最高値である69,000ドルを記録しましたが、その後は反発してMA5を下回りました。少々反発したものの、依然として激しい売り圧力に直面している。全体的には、BTCは高値圏で変動する傾向にある。日足チャートを見ると、MA20で安定しているが、今後の変動の中でMA10にまもなく触れる可能性がある。ボリンジャーバンドはオープンタイプのホーンマウスを形成しており、価格はミドルレールの上限ゾーンに留まっている。BTCは64,000ドル付近で強い支持を得ており、70,000ドル付近で大きな抵抗を受ける可能性がある。

ETH:ETHは先週、上方向に上昇し続け、新高値を更新して4,860ドルにタッチした。日足チャートを見ると、MA5とMA10を下回っているものの、MA20とMA30に有効なサポートを見出している。同時に、EMAの上昇トレンドは変わっていません。日足レベルのボリンジャーバンドはオープンタイプのホーンマウスパターンを示しており、価格はミドルレールの上部ゾーンに留まっており、継続的に上昇することが予想されます。ETHのサポートレベルは4,500ドル付近、レジスタンスレベルは4,800ドル付近です。4,700ドルで安定して立つことができれば、5,000ドルを目指して上方にブレイクする可能性がある。

【連絡先】

公式サイト

カスタマーサポート:support@bitget.com

ビジネス協力:BD@bitget.com

マーケットメイキングの協力:partnership@bitget.com

【公式チャンネル】

テレグラム グループ

フェイスブック

ツイッター

ユーチューブ

Medium

Reddit

LinkedIn

【Bitgetが収録されたプラットフォーム】

CMC

CoinGecko

Cryptoadventure